So-net無料ブログ作成

パディントンのお気に入り [英国 食]

英国でその知名度をプーと争うクマ、パディントン。
パディントンのお気に入りは意外なモノでした。

3181043

今年、ロンドンのセルフリッジに行ったら↑こんなものが。
在住の友人が、プレゼントしてくれました。
トランク型の箱のなかに、パディントンとマーマイトがセットになって入っています。
マーマイトというのは、イーストを主原料とするスプレッド(パンに塗って食べるもの)。
英国のB&Bの朝食のテーブルに、ジャムやマーマレードと一緒になっておいてあったりします。

しかし、これ、日本人には結構キツイ味。
イーストの香りの強い、海苔の佃煮もどきとでも言いましょうか。
でも海苔でできているわけではありません。
ダークカラーでかなりしょっぱい。しょっぱいだけでなくクセのある味。
日本人だと、10人に8人くらいは拒絶反応を起こすのではと思います。
英国人でも、誰もが好きなわけではないのですが、英国の味といっても
間違いではありません。

3181042
↑これも、ちょっとスペシャルなパッケージのマーマイト。英国伝統スポーツ・クリケットの
国際試合を記念した一品。
過去にもシャンパン風味とか、ギネス風味のマーマイトが発売され、
イーベイで定価に上乗せした価格で取引されたこともありました。

3181041

で、パディントンはどうやらマーマイト好き。いちばん上の画像は、マーマイトと
パディントンを一緒にパッケージした、スペシャルエディションです。
マーマイトのラベルを印刷したバッグを持つパディントンのぬいぐるみ
なんて、日本で買うことはできません。

そしてこのCMをご覧ください。マーマイトLOVEなパディントンが登場。
http://www.youtube.com/watch?v=UBY5epc8BS0
http://www.youtube.com/watch?v=t1Y3qgi3Og8&feature=related
他にも複数のバージョンがあります。

パディントンが大好きなマーマイト。でも他の人の反応は・・・???
自分の会社の商品なのに、自虐的とも思えるCMを作ってしまうこの会社。
こういうのを見ているうちに、実は私、だんだんとマーマイトに惹かれるように。
いやよいやよも好きのうちとでもいいましょうか。
オリジナルのマーマイトは一度にせいぜい小さなスプーン1杯くらいで
じゅうぶんなんですが、マーマイト関連商品は結構いけます。
マーマイトを使ったスナック菓子やクリスプス(ポテチ)、マーマイト風味の
ナッツなども売っています。ポスターは見かけたのですが、実物は
見つけられなかったマーマイト風味のチーズなど。
旅行の度に、何かしら関連商品を購入してしまいます。
今回はスナック菓子と、スペシャルエディション、画像はないですが、
マーマイトの瓶がプリントされたコースターを購入しました。


★マーマイトについて、もっと知りたい方は
『英国フード記 AtoZ』も読んでみてくださいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。