So-net無料ブログ作成

英国王室ゆかりのケーキ [英国 食]

英国旅行で見かけてはいたのですが、
結構ド派手な色なので、今まで敬遠気味で味わったことのない
ケーキがあります。それが「バッテンバーグ・ケーキ」です。
ピンクと黄色のモザイク、市松模様。茶色っぽいお菓子がメインの
英国の伝統菓子の中では珍しく華やかな雰囲気をまとっています。

最近はインスタ映えするはっきりした色やパステルカラーの
お菓子が人気なので、抵抗がない人もいるかとは思います。
でも英国で派手(というか毒々しい色)のケーキはたいてい
予想以上に甘く、私には食べきれないのが現実なのです。
ロンドンではやりのファンシーなカップケーキしかり、です。

先日、知人に誘われて11月24日に東京・田園調布に開店する
ラ・フェット
http://lafete.jp/
というお店のケーキの試食会に行ってきました。
このお店は世界の祝祭菓子を扱うという、珍しいコンセプトの
パティスリーです。
ここで買える英国菓子が「バッテンバーグ・ケーキ」。
一説によると、ヴィクトリア女王の孫娘と英国貴族
ルイス・アレグザンダー・マウントバッテンの結婚を記念して
作られたケーキだそうです。
ドイツのバッテンブルク家の血を引くルイスは後に
マウントバッテンと家名を変更しますが、そのあたりに
このケーキの名前の由来があるようです。
真偽については微妙のようですが、英国ではポピュラーなお菓子なのです。

さて、ラ・フェットのバッテンバーグケーキは、
英国の伝統菓子のスタイルを保ちながらも、
味はケーキ好きの人たちの舌を十分に満足させる
上品な仕上がり。
ピスタチオとフランボワーズで色付けした
二色の市松模様というかモザイク柄のスポンジ部分は
程よい甘み。それを覆うマジパンも
分厚くないため甘ったるさは感じず、マジパンとスポンジの
間にはうっすらとバタークリームが敷かれていて、
繊細な甘さの層が生まれています。
IMG_8495.jpg

英国菓子は、どちらかというと、どっしり重く、甘く、
色は茶色っぽいもののイメージが強いのですが、
バッテンバーグ・ケーキは見た目からそれとは異なり、
さらにこのお店のアレンジが万人に受け入れられる味になったという感じ。
アフタヌーンティーの一品に加えると華やかでいいかも。

お店では一切れ単位でも買えるそうです。
他にもフランスやイタリア、スペインなどの祝祭菓子が
可愛らしい一口サイズで揃っているので、興味がある人は
いろいろ試すのにもピッタリ。どれもおいしいですけれど。
IMG_8494.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。