So-net無料ブログ作成

追憶と、踊りながら [英国映画]

『追憶と、踊りながら』は、ロンドンを舞台にした
インディペンデント系の映画作品です。
ストーリーなどはこちら。
http://www.moviola.jp/tsuioku/


規模の小さい、ローバジェットの作品ながら、
ロンドンそして英国の抱える問題、
特定の国でなくても起こりうる親子間の問題や老人問題など
さまざまな事柄に触れながら、
喪失、孤独、それぞれの生き方を描いている作品です。
こう書くと社会派の堅苦しい映画のようですが、
ゆるやかなリズムと美しく儚い映像にひきつけられてゆきます。
町の片隅に、こんな人たちが悩み戸惑いながら
暮しているんだなあと思うと、切なくなります。

中でも監督自身が同性愛者で、同様にカミングアウトした
英国人俳優ベン・ウィショーがゲイの青年役で出演しているので、
さりげないしぐさに真実味があります。

ホン・カウ監督にインタビューする機会がありました。
映画では、ベンと恋人役の青年のラブシーンがあるのですが、
監督が非常に細かく演出したと語っていました。
こんなことまで指定されているのか、とびっくりしたこともありました。
また、そのシーンでの声についてはベンの提案で、トーンを落とし、
それが非常に合っていたそうです。

s-2015-02-03 23.08.03.jpg

監督はベンとその恋人のラブシーンはとても重要だと考えていて、
3回でてくるのですが、本当はもっと多く入れたかったそうです。
今まで私が見た映画の中での男性同士のラブシーンでは
いちばんナチュラルで美しく感じました。

また、作品では素人に近い新人から超ベテランまで演技経験というか
俳優としてかなりの格差があri,
理解できる言語も異なるキャストが揃っていたため、
演技指導はちょっと変わっていたようです。
相手に合わせて中国語だったり、英語だったり、
さらに紙にメモを書いてそっと渡したり。
そんなことができたのも、複数の言語をあやつれる監督ならでは。
いろいろな質問に真摯に答えてくれる監督とお会いして、
より映画が大好きになりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。