So-net無料ブログ作成

クリスマスプディング [英国]

ドタバタしていて、更新がずるずる遅れてしまいました。

今年は、クリスマスケーキを食べませんでした。
イブは大好きなベーカリーでクリスマス期間だけ作る、
ローストチキンを予約していたのですが、
そのずっしりした重さに「これを食べて、ケーキは無理」と
判断したからです。
イヴはチキンとサラダだけでおなかいっぱい。
翌日のクリスマス当日にも食べて、夜は某トークイベントを
友人と聞きに行き(湯山玲子さん主催のもので、ゲストはダンサーの首藤康之さん。
ずいぶん前ですが、マシュー・ボーンのバレエ団で
男性による白鳥の湖で彼が踊るのを始めてみました)。

とはいえ、事前に一応買ってはおきました。英国式のフルーツプディングを。

あちらでは、洋酒に漬け込んだドライフルーツを小麦粉に混ぜて
焼きこむフルーツケーキがクリスマスケーキ。
これをクリスマスプディングと呼びます。

日本でも、英国菓子を作るお店のネットショッピングで
このタイプのケーキが買えるのですが、私が狙っていた
お店、モーニングトン・クレセントではあっという間に予約が一杯になり
買うことができませんでした。
http://mornington-crescent.co.jp/
普段は英国人女性がお菓子教室をしているお店で、
月に数回販売もしています。
一度訪れたら壁に、アラン・チューリングの写真が飾ってあって
びっくり(お店の方も、「よくわかりましたね」と)。
アラン・チューリングにちょっと関わる仕事を今しているのと、
カンバーバッチの「イミテーション・ゲーム」の影響です・・・。

その後、輸入食品を多数扱っている明治屋に行ったら
これを売っていたので思わず購入。
IMG_4020.JPG
手のひらに収まるサイズです。

ショートブレッドでおなじみのウォーカーズのものです。
ショートブレッドは割と見かけますが、こちらは店頭であまり見かけません。
味は、好みが分かれます。子供より大人に合うケーキです。見た目も地味ですし。
明治屋にはもっと高級版のクリスマスプディングがありました。
スコッチ・ウィスキー、グレンフィディックの12年ものを
使ったもので、お値段は倍以上しました。

ウォーカーズの、買ったものの、いまだに食べていません。
スコットランドでは大晦日をhOGMANAYといって
賑やかにすごすようです。
ウォーカーズ(会社はスコットランドにあります。
その昔、工場見学にうかがいました)のお菓子も、その時食べる人が多いようです。

ですので、私は年末に食べようと思います。

みなさまはどんなクリスマスを過ごされたでしょうか。
来週にはもう新年になってしまいますが
良いお年をお迎えください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。