So-net無料ブログ作成
検索選択

シャーロック・ホームズ [英国映画]

先月、ブログを更新したつもりが、上手くいかず、
年明けのご挨拶がおくれてしまいました。
見捨てず読んでくださる方がいらっしゃるとうれしいのですが。

IMG_4127.JPG

この春は、ホームズ・ファンにはおまちかねの映画が2本立て続けに
公開になりますね。
すでに1本は公開中の『シャーロック 忌まわしき花嫁」
公開はされていますが、ネタばれはしません。
ベネディクト・カンバーバッチとマーティー・フリーマンのコンビが
ヴィクトリア時代で難事件を解決するというもの。
携帯も、PCも、最先端の鑑識操作もない時代に
シャーロックの頭脳がどんな捜査をするのか見ものです。
そしてもうひとつ、ヴィクトリアンファッションも!
ひげにトップハットの男性が闊歩していた時代の彼らのオシャレにも
要注目。個人的には、ジョンは、現代ファッションよりもヴィクトリアンの
方が格好良いと感じているのですが・・・。
テレビ版を見ていた型なら「おお!」と思う展開もばっちり
入っているのでおさらいしてから見ると良いと思います。

そしてもう一本は『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』。
こちらは90歳を超え、いわば隠居中の老ホームズが、過去の未解決事件に
取り組むというお話です。
今までに映像化されたことのないタイプのホームズを見ることが出来ます。
美しい海辺の町で、蜂を飼い、家政婦の息子『10歳!)を相棒に
記憶を辿ってゆきます。
こちらは、足腰も弱くなり、記憶もおぼろげなホームズの姿が
描き出されるので、少々寂しく感じるファンもいるかもしれませんが、
日本訪問のエピソードや、少年との交流、美しい英国のカントリーサイドの
風景などもあいまって、見事に織り上げたタペストリーのようです。