So-net無料ブログ作成

ウィンストン・チャーチル [英国映画]

仕事がドタバタしていて、2月はまったく更新ができずすみません。

さて、アカデミー賞はここのところ、英国俳優の受賞が毎回気になります。
今回は、ゲイリー・オールドマンが主演男優賞を受賞しました。
『ウインストン・チャーチル』
http://churchill-movie.jp/
そして、見事な特殊メイクで日本人の辻さんが受賞したのも話題になりました。

チャーチル首相は、英国のパブリック・スクールでイートンと並ぶ名門校の出身です。
彼の父はイートン出身だそうです。
チャーチルは学校の誇りで、5年ごとに行われる『チャーチル・ソングス』と
いう彼を記念した音楽イベントがあのロイヤルアルバートホールで行われています。
学校にはもちろん、彼の写真が飾られています。

でも、実はチャーチルは学生時代は成績がかなり悪く、
危うく退学になりそうだったほどです。
学業がダメだったせいか?大学へは進まず、陸軍士官学校に入学したのですが、
それもストレートでとはいかなかったのです。

でも、彼は野心家で、行動力・決断力もあり、情に厚く、
英国の首相の中では誰よりもインパクトが強く、
愛された首相だったのです。

映画の中では激しく熱弁をふるう姿が印象に残りますが、
動物好きで、邸宅には犬や猫の墓があり、
愛猫ジョック亡き後も、同じ色(マーマレード色)の
猫にジョックと名付けてずっと飼うよう言い残したという
エピソードが私は大好きです。
このエピソードと邸宅チャートウェルについて
昔著書に書くため、訪れたことを思い出します。
一般人にも公開されているので、観光客も見ることができます。
運が良ければジョックにも会えるかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)