So-net無料ブログ作成
検索選択

北欧男子制服コレクション [制服]

新作のお知らせです。
単行本は発売時期が微妙にずれることがあるので、
発売直前にお知らせしようと思っていましたが、
一部ネット書店で予約が始まっているようです。
今月下旬の予定で、今最終調整に入っています。

今までの制服シリーズのひとつですが、私としては初の北欧本。
『北欧男子制服コレクション』です。
取材したのは2010年がメイン。
この年はスウェーデンのヴィクトリア女王のご結婚という
素敵なイベントのある年でした。

s-2010uniformsmain 578.jpg
エー!?と思うような距離感の王女とお相手の馬車の写真ですが、
これは私のスナップ。本ではきっちりカメラマンが笑顔の王女をとらえています。

それにあわせて、北欧の王国の衛兵の制服をメインに紹介する
本を作りたいと思い企画を進めていたのですが、
同時に猫モノの企画も持ち上がり、後から取材したにもかかわらず
『鉄道ねこ』『英国の鉄道員の制服』の発売が先になってしまいました。

『北欧~』で撮影してくれたカメラマンや現地在住のご協力のみなさんには
ずいぶんとお待たせすることになってしまいました。

北欧といっても、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの3国です。
フィンランドは?アイスランドは?
と言われそうですが、くくりとしては衛兵のいる国に絞りました。

s-2010uniformsmain 490.jpg
これはパレードのリハーサルを終えたと思われる
軍楽隊の面々。私が本番で見たパレードでは、礼服でした。
これは本には未掲載。

スウェーデンは2度目の訪問になりますが、デンマークとノルウェーは初。
ただ、制服ばかり見ていたので、空き時間は少なかったです。
印象的だったのはストックホルムの世界遺産『森の墓地』。
開放的な緑の風景が、墓地の印象をかえるような心地よい場所でした。
芝生をはだしで歩いたり寝転んだりしていました。

今回は本に取材後記を掲載するページがなかったので、
今後ここで思い出しながら書いていこうとおもいます。