So-net無料ブログ作成
英国 制服  ブログトップ
- | 次の5件

王子は軍服でロイヤル・ウェディング [英国 制服 ]



ロイヤル・ウェディング中継、華やかで良かったですよね。
ケイトさん(もう、ケンブリッジ公爵夫人ですね)のドレス、大人でシックな感じでした。
華美すぎず、上品で。
アレキサンダー・マックイーンのデザイナーさんの手によるものでした。
王子の母、ダイアナさんの童話のお姫様のようなレースたっぷりのドレス、
長い長いベールがあまりにもインパクトが強かったのですが、ケイトさんのも
全く異なるタイプのドレスでしたが素敵でした。

ウィリアム王子はというと、赤い、近衛歩兵連隊アイリッシュ・ガーズ制服でした。
歩兵の赤い制服は5連隊、5種類あるのですがぱっと見わかりにくいのです。
それぞれの隊のシンボルがあって、アイリッシュ・ガードをすぐに見分けるには
襟の刺繍。アイルランドの象徴的植物、三つ葉のクローバー、シャムロックがポイントなのです。
『英国男子制服コレクション』を作っているとき、取材したり、資料を読んだりしたので、
あれこれ我ながら納得しながら見ていました。
制服の違い、本に書いたので興味のある方はぜひ読んでくださいね。

ウェディングの華やかさも堪能しつつ、制服に魅力を感じている私は、
騎馬兵、楽隊もじっくり見させてもらいました。ちなみにヘンリー王子は
騎馬兵、ブルーズ&ロイヤルズの濃紺の制服。
チャールズ皇太子は空軍の制服でしたね。
と、書いてしまいましたが、海軍でした。コメントくださったTOMさんの指摘で気づきました。
チャールズ皇太子の、他で調べ物をしていたときの空軍制服姿のイメージが強くて
うっかり書いてしまいました。
ウィリアム王子の付き添いの男の子、ページボーイの制服も、
とっても可愛かったです。


英国イベント、タトゥー [英国 制服 ]

少し前、ウィンザー・タトゥーについて書きます、といっておきながら
時間がたってしまいました。

タトゥーは、スコットランドの軍楽隊のパレードを中心としたイベントです。
エディンバラ城で毎夏行われる「エディンバラ・タトゥー」は世界的に有名ですが、
ロンドン近郊でもタトゥーが見られます。

1998年に開始されてまだ認知度が低いのですが、観光名所として知られる
ウィンザー城で行われる「ウィンザー・タトゥー」は、毎年5月に開催されています。
ウィンザー・タトゥーは、私は今年初めて見に行くのですが、
昨年ロンドン在住の友人で「英国男子制服コレクション」の共著者、横山明美さんが
取材し、その写真を新刊「スコットランド・キルト・コレクション」に掲載しています。

s_IMG_1202_1.jpg
撮影:横山明美

エディンバラ・タトゥーは、夏の開催なのに春先にはチケットが入手困難に
なってしまうほどですが、ウィンザー・タトゥーは5月開催のチケットが今でも手に入ります。
5月中旬に旅行予定の方は、ウェブサイトをチェックしてみては?
http://www.windsortattoo.com/
ここから直接チケットも買えます。
軍楽隊のパレード、ハイランドダンス、軍事演習のデモンストレーションなどを
見ることができます。
さらに、ウィンザー・タトゥーは夜行われるのですが、タトゥーのチケットを持っていると、
日中行われるロイヤル・ホースショーという、馬術競技大会も見ることができます。
英国らしいイベントを堪能できる1日になるでしょう。

お知らせ:
今まで出版された私の本にイラストを描いてくださっている(新刊でも!)
松本里美さんの作品が
横浜鶴見文化センターで本日から28日まで展示中です。(3月28日デ終了しました)
http://www.satomin.jp/info/exhib/salvia.html

オリンピックのキルト・フィドラー [英国 制服 ]

オリンピックの開会式、見ていた人も多いと思います。
ファーストネイションの多彩さや、空飛ぶ少年にも眼を奪われたかと
思いますが、私はなんといっても、タータンの若者たちが
たくさん登場し、フィドル(バイオリン)を弾いて踊りまくったシーンが
いちばんのお気に入りです。
カナダにも、たくさんのスコットランドからの移民がいるので、
タータンのキルト姿は、そういうところからきているのです。
あ、キルトというのは巻きスカートのようにして着る布のことで、
タータンはあのチェックの柄です。タータンの柄は、出身の氏族を
あらわすものから始まりましたが、今ではオリジナルを作って登録もできます。

で、開会式ではNHKアナウンサー、このシーンの出演者の名前のことはまったく
触れてくれませんでしたが、パンクなタップダンサーとともにフィドルを弾いていた
アーティスト、アシュレイ・マックアイザックといいます。私は彼の昔からのファンです。
久々にライブ映像を見たら、昔に比べてずいぶん恰幅が良くなっていて、ちょっとショックでした(笑)。
日本に来日して、演奏したこともあるんです。

若かりし頃↓キルトで、フィドルで、激しく踊ってます。このプレイスタイル大好き!!
http://www.youtube.com/watch?v=5tIT8VuZ92c&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=iNVTUh5yviI&feature=related

私はキルト姿の男子も好きで、正装もいいけど、この画像のように、
ラフに着こなすのもカッコいいと思っています。

本当は、キルトの下には何も身に付けないのが正式な着こなしなの
(日本でも昔の和装はそうだったはず)で、
かつて問題になったこともありました。youtube映像のひとつには実は
問題のシーンも含まれていますが、モザイク処理されています。

こんなのもありました。
軍服風の上着&下半身ラフなキルト姿。この足元がまた、個人的に好き。
http://www.youtube.com/watch?v=xt8ksq4LQss&feature=related

キルトって、着こなしでイメージが変わって楽しいです。
3523565これは軍楽隊の人。

35235633523562
こちらは普通のバグパイプ楽団。

画像はどちらもスコットランドのインバネスで撮影。
オマケ画像にインバネスの猫を。35235853523582

英国男子制服コレクション [英国 制服 ]

発売されました!
『英国男子制服コレクション』(新紀元社刊)1680円。
3119176

英国の制服についてあれこれ調べた本を出版しました。
この本を作るきっかけになったChrist's Hospitalという寄宿学校の
修道士のような制服をはじめとした学生服、軍隊の儀式用礼服、
英国ならではのスポーツウェア、特殊な職業(いまだにカツラをかぶって執務する
裁判官や弁護士など!)をカラーグラビアとイラストの解説で紹介しています。
ストイックな中にも、オシャレな部分もあって、制服って面白いですよ。
このブログでも、本の内容とリンクする記事を書いていますので、
あわせて見てください。

ただ私自身、この本が書店のどこに並ぶのか予測がつきませんでした。
今日は、目黒の駅ビルに用事があったので、ビル内の有隣堂書店を
覗いてみました。ざっと歩いただけでは見つからず、もしかして置いてないのかなと
思って店内の検索機でチェック。そしたら美術・ファッションのコーナーにありました。

他の書店ではどうなんでしょう。
もし、この書店のココで見かけたよ!というのがわかったらご連絡くださいね。
そしてできれば買ってください~。

スコットランドのキルト [英国 制服 ]

★新刊『英国男子制服コレクション』(新紀元社)発売です!

ブログのカテゴリーでは「制服」にしてしまったけど、
ホントは制服ではなく、礼服ともいえるし、民族衣装といったほうが近いかも。
それが、スコットランドのキルト。

タータンチェックのキルトは、日本だと女子のものという感覚だけど、
スコットランドでは基本的に男子のもの。
お祝い事やイベント、儀式などで、スコットランド男子はキルトを着ます。
キルトはそれぞれの家に伝わるタータンの柄の布をひだをつくって
腰に巻きつけて着るもの。

よく見かけるのは結婚式。新郎も着るし、参列する家族や友人の男性も着ます。
後はイベント等でのバグパイプバンドのメンバー。路上で演奏するパイパーも
きちんとしたいのか、注目を集めるためかキルト姿が多い。

31164753116471

本当は恰幅のいい男性が似合うといいますが、私はその人に合った着こなしが
できると思うし、どんなスコットランド人もキルトを着ると魅力が2割増だと思っています。
私は観光地のパブでお店のロゴ入りTシャツやポロシャツを着て、下はキルト、
足元はくしゃっとさせたソックスにハイカットのバスケットシューズ・・・なんて着崩しスタイル
が結構好きです。幼い子どものキルト姿もとてもかわいい。
スコットランドに行って、どこからともなくバグパイプの音が流れてくると、キルト姿の
男子を思わず探してしまいます・・・。
- | 次の5件 英国 制服  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。