So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

渡英予定と英国映画 [英国映画]

GWがあったというのに、更新できず。

今は迫った渡英の準備中です。
思いがけない取材ができそうだったり、何度アポイントのメールや電話をしても
延々とたらいまわしの取材があったりと、気分はアップ&ダウンです。
今回の渡英のテーマは制服と猫です。
年末くらいには、その成果をお見せできるのではないかと思います。

とにかくギリギリまで具体的なスケジュールがきまらないため、
取材のあいまのお楽しみ、舞台や美術館にいつどのタイミングで
いけるのか、今回が最も不明です。
でも、充実した取材になるよう頑張ります。

英国映画もまたいくつかありますが、
見ていただきたい、英国&制服がらみの作品を2本。

5月31日に上映スタートした
「アナと世界の終わり」
は英国のとある町(撮影はスコットランドだった模様)に突如ゾンビが
増殖し始め、アナを中心とした高校生グループとの
攻防戦が繰り広げるというもの。しかもこれは、ミュージカル仕立て
になっているので、不気味さはホドホドで楽しめます。
おそらくは公立校の、基本の制服+アルファの着こなしチェックも
個人的には楽しめました。
http://anaseka-movie.jp/

また、6月7日からは懐かしの
「小さな恋のメロディ」
がデジタルリマスター版で、大スクリーンに帰ってきます。
リバイバル上映や、今ではネットでも見ることができますが、
英国の中学生の幼い恋が描かれます。
私は、子供の頃に見て英国の小学生ってオシャレ(制服姿でしたが)
だなあと思ったものでした。なんといっても主人公ふたりは11歳!
主演のマーク・レスターは金髪碧眼の可愛らしい男のコ、
この映画タイトルであるメロディ役、トレイシー・ハイドは
野の花のように可憐で可愛く、目が奪われる存在の美少女でした。
これを見てギンガムのワンピースにブレザーという制服に憧れました。
http://cinemakadokawa.jp/seishuneiga/melody/
メロディIMG_3340.jpg

それから、英国人俳優、オーランド・ブルームが主演の
ブロードウェイ・ミュージカル(ロンドンのウエストエンド、ではないですが)
「ロミオとジュリエット」
が松竹ブロードウェイシネマとして7月12日から公開されます。
舞台は現代版にアレンジしてあり、ジュリエット役は黒人女性。
恋多き男、オーランドが舞台では恋に一途な少年に。
誰もが知る、シェイクスピアの悲恋物語を、どう見せてくれるかお楽しみに。
また、スクリーン上で幕が下りてもまだ席を立たないで。
楽屋から出てきたオーランドの様子も見られます。
ロミジュリrIMG_3401.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

6月、再び英国へ [英国 鉄道 猫]

平成最後の3月の更新を逃してしまいました。
今月はまだ平成最後の4月。

今年6月、再び英国取材に行けることになりました。
英国の学校がらみ&猫関連の取材です。

サーチャージが3月末までにくらべて4月1日からはぐっと下がる
ので、その日なんとか航空券の予約を済ませました。
宿もすべてではないのですが、いくつか予約を入れました。
『パブねこ』で取材したロンドンのHarlingford Hotelと
エディンバラのAlison's B&Bはマストなので決めました。
あとは安く上げるため、ゲストハウスの4人部屋やAirB&Bの
格安宿です。
s-IMG_3089 (2).jpg
(猫のいるエディンバラの常宿。4泊するつもりが、
6月半ばからホリデーに行くので、
その前に泊まってねと言われ2泊に。かき入れ時なのに商売っ気なし)。

今回、いちばんお高い1泊はカレドニアン・スリーパー。
これは、ロンドンからスコットランドへ向かう寝台列車です。
こちらは今年から高級志向になってしまい、寝台キャビンのみの
予約では100ポンドかかります。プラス乗車料金です。
これは帰国後レポートしますね。キャビン内にシャワーがついているとか。
今まで、いちばん安く行けたのは6~7年くらい前。
この路線の鉄道料金にもバーゲンセールがあり、50ポンドしないで
二等寝台に乗れたのが懐かしい。

よく誤解されますが、本の取材費はほぼ自腹(渡航費、宿泊、
現地移動代)。いちばん削っているのは宿代(昼間は取材など
外出がちのため、のんびりホテルライフが楽しめないのです)。

6月出発ですが、5月にお知らせできることはまた書きます。


nice!(0)  コメント(0) 

英国が舞台のコミック [英国]

昔は良くコミックを読んだものですが、
ここ10年以上、ものすごく限られたものしか読まなくなってしまいました。
そんな中、楽しみにしているのが
もとなおこ先生のコミック。

もと先生の英国を舞台にした作品は、私の作っている本と
リンクするものがあるからです。
パブリック・スクールやヴィクトリア時代など。

IMG_2310.jpg

もと先生の最新刊が『天使がのぞきみ 英国貴族と領民たちのひみつ』です。
最新刊は3巻なので、さかのぼって1巻から読むことをおすすめします。
英国の貴族とその領民たちの暮らしや恋愛、そして事件が描かれるのですが、
19世紀の終わりごろの英国文化をしっかり咀嚼して、
愛すべき物語を綴っているのです。
ご存知の方は多いかと思いますが、まだの方はご一読を。
パブリック・スクールが舞台の『ガーフレット寮の羊たち』
時空を超越してアンというヒロインが活躍する『アンと教授の歴史時計』
もおススメです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

今年も英国映画! [英国映画]

昨年最後の更新で、英国映画を紹介しました。
すでに公開された作品もありますが、これからも英国映画は続きます。

IMG_2123.jpg
今週末公開なのが、英国ロイヤル・バレエの劇場中継(録画)『くるみ割り人形』です。
ロンドンのクリスマスシーズンの風物詩が、コベントガーデンの
ロイヤルオペラハウスで公演されるこの『くるみ割り人形』。
日本の公開は、クリスマスシーズンとずれてしまいますが、舞台の巨大な
クリスマスツリーや、次々と繰り出される華やかなキャラクターのダンスなど、
チャイコフスキーのおなじみの音楽で楽しめます。

『マイ・ブックショップ』
戦後、未亡人となった女性が、英国東部の海辺の町に
小さな書店を開店しようと奮闘する姿を描いた作品。
みんなに読書の喜びを、と開店準備をするヒロインに、
町の権力者が妨害を…。寂しげな海辺の町の風景、魅力的な書店の佇まい、
意思の強さを感じるヒロインと彼女の服装など、見どころはたくさん。
特にこんな書店があったらなあと、本当に思うのです。
また作品中紹介される本は有名なものが多いのですが、未読の人には
読んでもらいたいものばかり。
エミリー・モーティマー演じるヒロインの心情に打たれます。
彼女を見守るビル・ナイのおじさまファッションも素敵です。
http://mybookshop.jp/


『移動都市 モータル・エンジン』
IMG_2107.jpg
近未来。都市同士が捕食しあう中、巨大都市ロンドンが一部の富裕層の
力で他の小都市を次々と襲っていた。そこにひとりの女性が現れ…。
ロンドンが街を捕食??? どういうこと??
と思って驚いたこの映画、見ると納得。公式サイトの動画を見てみてください。
でも、映画を観ると「移動都市」でなくても、現代の世界でも
似たようなことが起こっているのもわかります。
世界観はスチームパンク好きにはかなりアピールするものじゃないかと思います。
動力がスチームではないとしても…。
http://mortal-engines.jp/


そして、前回『女王陛下のお気に入り』を紹介しましたが、
また別の「女王モノ」です。
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
IMG_2124.jpg
これは、まだイングランドとスコットランドにそれぞれの女王がいて、
国が対立していた時代の話。
イングランドのエリザベスとスコットランドのメアリー。
同じ女王として、それぞれ何を思って生きたかを描きます。
http://www.2queens.jp/

nice!(0)  コメント(0) 

英国映画で行く年くる年 [英国映画]

年内最後の更新になります。
月イチ程度ののんびり更新なのにご覧になってくださっている
読者がいるのには感謝ばかりです。

年末、ファンタビやボヘミアン・ラプソディをご覧になった
方も多いかと思います。この年末年始に見ようと楽しみに
している方も多いでしょう。
でも、さらに英国映画、まだまだ続きます。

年明けすぐ、1月5日からは、名優マイケル・ケインが1960年代の
ポップカルチャーの案内役となって、観客を楽しませてくれる
映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』
が公開になります。ビートルズやストーンズ、ザ・フー、ボウイなどが
現れて若者を熱狂させた音楽シーン。
自身がかかわっている映画や、当時流行のファッション(今見るととても
新鮮なテキスタイルや、ミニスカート姿が可愛い)、そしてアートシーンを
豊富なアーカイヴ映像、当時を知る魅力的な人たちへの
インタビューを詰め込んでいて楽しい。

1月11日には、コリン・ファースの新作『喜望峰の風に乗せて』が
公開になります。
これはヨットによる単独無寄港世界一周に挑戦した実在の英国人男性、
ドナルド・クロウハーストの話です。自分の人生と夢を賭け、
家族の期待と不安の中出航した男がどんな困難に立ち向かったのか…。
コリンのファンにはかなりハラハラさせられる展開が待ち受けています。

2月に入ると、空から傘とともに現れるあの「メリー・ポピンズ」が成長した
マイケル・バンクスの家に再び現れる『メアリー・ポピンズ リターンズ』
がスクリーンに登場。
メリー役にはエミリー・ブラント、マイケル・バンクスにはベン・ウィショー。
ブロードウェイの大スター、リン=マニュエル・ミランダが街灯点灯夫役。
他にもエミリー・モーティマー、ジュリー・ウォルターズ、コリン・ファースト
いった英国映画ファンにはたまらないキャストに加えメリル・ストリープも
登場するという豪華な顔ぶれ。ゴールデン・グローブやアカデミー賞での
賞取りも期待されています。
とにかく歌い踊り、空を飛び、夢の世界を見せてくれる楽しいミュージカル映画です。

IMG_1924.jpg

同じく2月には、こちらもまた賞レースにからんでくると話題の
『女王陛下のお気に入り』も登場。
時は18世紀初頭。アン女王(オリヴィア・コールマン)の統治する英国。
そのアン女王を巡って、ふたりの女の欲望が交差します。
女王のいちばんの相談役で政治でも権力をふるう、女官のサラと
上流階級から没落し、召使いで良いからとサラ(レイチェル・ワイズ)のもとに
転がり込んできたアビゲイル(エマ・ストーン)。
ふとしたことからチャンスを得、女王の侍女へのしあがった
アビゲイルによって、彼女と女王、サラの危うい三角関係が…。
というお話。ストーリーや演技のすごさもさることながら、
衣装、セット、ライティングも当時を思わせるリアルさ。
この映画では男性は完全に脇役で、女優3人の恐ろしいまでの
存在感に痺れます。

さらに、お時間をたっぷりとって楽しんでいただきたいのが、
英国ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエの
『ワルキューレ』を。あのワーグナーの「にーべるんぐの指輪」
4部作の2作目です。ストーリーはネットでチェックしていただく
として、とにかくスクリーンからも圧を感じる音楽と歌のすごみ。
トータル5時間は鑑賞に費やすことになりますが、その価値はあります。
幕間に曲の解説やインタビューなども入りますが、そこに
スティーヴン・フライも登場。彼は大のワーグナー・ファンで、
ワーグナーの作品上映時は必ず劇場に足を運ぶとか。
彼の作品コメントもあり、これも含めて見ごたえあります。

本年もお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
よいお年を。



nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -