So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネマニャ。 [クラシック王子たち]

ごぶさたしています。

最後の更新からひと月もたってしまいました。
しかも今回は英国ネタでも、猫ネタでもありません。

ご紹介するのは、ネマニャというヴァイオリニスト。
名前の響きはちょっぴり猫っぽいでしょうか。

実は私はこの1年かけて、いつもとは毛色の違う本をつくっていました。
若手クラシック音楽家のインタビュー集です。
最近のクラシック音楽家は、私の固定観念を覆してくれる人が
多く、興味を惹かれて数年前からぽつぽつコンサートに行き始めました。
そうしているうちに、ユニークで、見ても聴いても美しい音楽家を
集めた本をつくりたくなってしまったのです。
s-_MG_0836.jpg

本に登場する音楽家のひとり、ネマニャ・ラドゥロヴィチ。
セルビア出身の28歳のヴァイオリニストです。
まず風貌のインパクトが強烈。
黒い長髪、ゴス・ファッション。でも奏でる音は繊細かつダイナミック。
悪魔と天使の顔を持つ、なんてことも言われます。
ユーゴスラビアの内戦のさなか、ヴァイオリンを始めて、
パリへ移住して本格的に勉強し、プロデビューした青年です。
ソロでのリサイタルも良いのですが、仲間とつくった弦楽グループの
公演が今年ありましたが、
クラシック曲、民族音楽、映画音楽などもプログラムに盛り込まれ、
幅広い音楽ファンにアピールしました。
しかも、途中でグループ全員(大きなチェロも、コントラバスも)が
客席に降りてきて、ABBAのナンバーを歩きながら演奏。
s-_MG_0664.jpg
この衣装は、男性用スカート!これでステージに立ちます。

ぜひ機会があったら次の日本公演を見に行ってください。
また、彼のキャラクターもとても興味深いものがあるので、
12月に発売予定のインタビュー集を手にしてみてくださいね。
タイトルは今のところ「新世代のクラシック王子たち」になる予定。

*写真は2点とも、(C)Yukiko Koshima
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0