So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新刊とフランチェスコ・トリスターノ [クラシック王子たち]

今月下旬(20日店頭並び予定)、新刊が発売されます。

初めてのクラシック音楽のアーティストについての単行本で
『新世代のクラシック王子たち』といいます。
s-classic_cover.jpg

数年前までクラシックのコンサートにはほとんど足を運ぶことの
なかった私ですが、フランチェスコ・トリスターノというアーティストに出会って
俄然興味が出たのです。
というのは彼は、クラシックのピアニストではありますが、
テクノ、エレクトロの世界でも活躍していて、テクノの名曲を
ピアノ1台で演奏してみせるということを、クラシックのリサイタル会場で
バッハの曲とともに弾いて私を驚かせました。
それはそもそも「クラシックとテクノを行き来するアーティスト」といった
キャッチコピーの書かれた1枚のチラシを目にしたからでした。
実際、私としては原曲のテクノ曲よりも、ピアノにアレンジして
弾いた曲の方にぐっとひきつけられてしまい、即座に大ファンになりました。
しかも超美形。この人は何者?みたいな感じでした。
s-_MG_5127.jpg
(C)トム・宮川コールトン

日本びいきの彼はその後年に複数回来日公演を行うこともあり
クラシックのリサイタルだけでなく、深夜のクラブでDJスタイルで
プレイしたりもして、これがまた魅力的だったのです。

これをきっかけに、最近のクラシックアーティストというのはどういう人たち
なんだろう???と関心を持つようになり、あれこれ調べると次々に
興味深い情報が出てきました。そして取材期間を定め、その間に来日予定が
ある人でアポが取れた人たちを取材して回りました。
そもそもクラシックの予備知識が非常に乏しい私でしたが、招聘元の方に
「私のような初心者でもすぐに魅了されてしまう若いアーティストを取材したい」
と説明し、ご協力いただきました。

これから数回、この単行本とアーティストのお話をここでしていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0